宇都宮で動物病院は岩上動物病院へ | 栃木県 犬 猫 セカンドオピニオン 皮膚病

〒320-0851 栃木県宇都宮市鶴田町1302-1

医院アクセス

よくいただく質問

お問い合わせ・ご予約は028-648-2324

お役立ち情報

人畜共通感染症

人畜共通感染症について

人畜共通感染症とは、動物を通して人に感染する病気のことです。厚生労働省は動物由来感染症と呼んでいます。
昔からペストや日本脳炎など、近年は狂犬病や鳥インフルエンザ・BSEなどが話題になりました。

獣医師は獣医学術をもって国民の公衆衛生を守ります。この項目を通じて、少しでも皆様方の役に立ち、不幸な動物がいなくなり天寿を全うできますように存じます。

当院で行える検査項目は別に掲げます。ここでは一つ一つの感染症について順次記述します。

人畜共通感染症について

疥癬(かいせん)・皮膚病

病原体はダニ(穿孔ヒゼンダニや猫小穿孔ヒゼンダニ)です。
犬猫に限らず野生動物、もちろん牛・山羊など哺乳動物が感染します。

感染経路として、疥癬にかかっている動物との触れ合いで感染します。野良猫の間で流行していると、飼い猫が野良猫と付き合いうつされ、そして家庭の犬や飼い主が感染することがあります。狸など野生動物からうつったこともありました。感染すると、動物は猛烈な痒みを生じます。

特に、耳・顔・頭・肘・かかとなどに脱毛・皮膚の肥厚・かさぶた・シワができたり、掻いて出血することも珍しくありません。人では、感染した動物を抱いている人や子供さん、アトピー症状のある人は注意が必要です。もし動物が疥癬と診断されたら、皮膚科を受診してください。

診断は比較的簡単で、皮膚の掻爬で見つかります。また、時には疥癬が見つからない場合、診断的治療で治ることもあります。治療は近年特効薬ができました。中にはいろいろな病気と混合していて、治りにくいものも見られます。

Capnocytophaga感染症(カプノサイトファーガ)

今話題のカプノサイトファーガという細菌による感染症です。
週刊誌や新聞でセンセーショナルに取り上げられたため、必要以上に恐怖感を与えてしまいました。

犬や猫の口内に以前から住んでいる常在菌で、今発見された訳ではありません。犬で92%・猫で86%が持っています。近年、咬まれたり引っ掻かれたりして稀に感染を起こし、その結果菌が血液中で増殖する敗血症を起こし、死亡した例がありました。

人から人へはうつりません。症状は発熱・敗血症・腎不全・髄膜炎などです。治療は医師に任せれば大丈夫です。免疫力のない人は、小さな傷でも直ちに水道水で傷口を洗い、消毒して医師に行き、診断を受け治療を受けてください。

さらに詳しく知りたい方は、厚生労働省のホームページをご覧ください。